ミダスキャピタル キャリアプログラム | 株式会社ミダスキャピタル

【開催報告】プロフェッショナルファーム志望の学生向けプログラム「ミダスキャピタルキャリアプログラム」ビジネスコンテストを開催しました

ミダスキャピタルは、2020 年 12 月 5 日(土) 〜 13 日(日)に、「ミダスキャピタルキャリアプログラム」のビジネスコンテストを開催しました。

▼「ミダスキャピタルキャリアプログラム」PV

ミダスキャピタルキャリアプログラム概要

今回初めて開催したミダスキャピタルキャリアプログラムは、「スタートアップ起業」のようなビジネスの現場の最前線でスピード感をもって行うゼロイチの事業創造と、「プロフェッショナルファーム就職」のような世界水準のビジネススキルの習得を同時に体験できるプログラムです。
「ミダスキャピタルキャリアプログラム」公式サイト: https://midascapital.jp/career_program_2020

メンタリング

メンタリング

ミダスキャピタル及び投資先のメンバーがメンタリングします。

優勝賞金100万円

優勝賞金
100万円

ビジコンに優勝したチームには優勝賞金100万円を授与します。

新卒採用選考へ

新卒採用
選考パス

特に優秀な方には、ご希望に応じて新卒採用選考プロセスのインターンにご招待いたします。

本プログラムでは、1期間中は各チームに 1 名ずつ、ミダスキャピタル及び投資先のメンバーが専属メンターとして付き、ビジネスプランの構築をサポートするメンタリング体制、2優勝チームへ の 100 万円の優勝賞金、3特に優秀な学生への、学生側の希望に応じた新卒採用選考プロセス のインターン枠(有償)を用意しました。約 1 か月の募集期間で、東京大学、京都大学、慶應義塾大学をはじめとする国内外の一流大学 に通う学生約 60 名からエントリーいただきました。

審査員は、プログラム主催者のミダスキャピタル代表パートナー吉村英毅、ミダスキャピタルシニアパートナーである株式会社イングリウッド 代表取締役社長兼 CEO 黒川 隆介に加え、STRIVE株式会社 代表パートナー 堤 達生氏、イーストベンチャーズ株式会社 パートナー 金子 剛士氏、株式会社サイバーエージェント 社長室 投資戦略本部 藤田ファンド担当 坡山 里帆氏が務めました。

エントリーいただいた約 60 名の学生の中から選抜された 17 名は、ビジネスコンテスト初日に事務局指定の 4 チームに分かれ、チームごとにケース課題「資本金 1 億円を元手に、5 年後に株式価値の時価総額 100 億円になる事業プランの策定」に挑戦していただきました。

ミダスキャピタルキャリアプログラム審査基準

コンテスト期間中は、チームごとに任意の場所・時間で自由度を持って活動いただきました。
2020 年 12 月 13 日(日)の最終成果発表では、初日のチームビルディングから 9 日間という短い期間であったにも関わらず、コンセプト選定、ユーザーインタビューからの課題抽出から始め、収益計画、マーケットポジション、競合優位性について深い検討を重ねたハイレベルな事業プランが提案されました。

ミダスキャピタルキャリアプログラムチーム1

1チーム目:開業に必要な全ての知識・スキル・準備を 1 年間で完結させる無料プログラム「Bloomee」。退職を控えたプレシニア層に特化し、セールス対象を大企業としたサービスは、今後団塊世代の定年退職・引退を迎える日本向きのビジネスプランといえる。メンターとして、株式会社 LATRICO 取締役 COO 濱口 友彰氏がサポートした。

ミダスキャピタルキャリアプログラムチーム2

2チーム目:日本初のソーシャルトレーディングサービス「オクトレ!」。エキスパート投資家のポートフィリオをコピー・追跡したり、サービス内に SNS 機能を設けることで、投資を始めたり、継続するハードルを解決するという。ミダスキャピタルプリンシパル大野 紗和子がメンターを務めた。

ミダスキャピタルキャリアプログラムチーム3

3チーム目: 顧客が投稿した動画をスワイプし、自分の嗜好に合った飲食店を探せる「ごはんコンシェルジュ」。飲食店情報が飽和し、グルメサイトではランキングに恣意的な操作が加えられている昨今だからこそ、おもに都市部の M1F1層にニーズが感じられる、次世代の飲食店×客のマッチングアプリだ。ミダスキャピタルパートナー寺田 修輔がメンターに付いた。

ミダスキャピタルキャリアプログラムチーム4

4チーム目:全ての体験を購買体験に変えるオフライン空間の amazon を目指す「Bakibaki」。商品と消費者のタッチポイント創出のための、商品サンプルの導入・設置場所と、商品作成元の中小企業を結びマーケティング支援を行なうプラットフォームだ。通常の EC の壁である”実物に触れない”という課題も越えられる本サービス。メンターは、株式会社デンタルアシスト取締役 CGS 桐山 卓也氏が担当した。

各チームともクオリティが高く、審査員の票が割れたものの、最終審査の結果、飲食店×客のマッチングアプリ「ごはんコンシェルジュ」が 1 位に選ばれました。表彰時にはチームメンバーによるアプリのデモ画面が公開され、参加者の関心を集めました。審査委員長の堤氏からは「チームとしての熱意の高さ、粘り強さは起業家を目指す上で大事な要素。競合は多いが、受動的に情報を探したい層に目を向けたサービスで、着眼点がよい」と高い評価が送られました。また他の 3 サービスについても、評価点や改善点のフィードバックが行われました。

今回参加した学生からは、「優秀な学生が多く、質の高い時間を過ごせた。自身での調査やフィードバックなどから、ビジネスへの知見を深めることができた」「メンターから多くのフィードバックを貰えたため、就活生としても学べる点が多く有意義だった。選考を行う企業側としても多角的に相性を図れるので、双方にメリットがあると感じた」など、ポジティブな感想をいただきました。
ビジネスコンテスト終了後の参加者アンケートでも高評価をいただき、NPS スコアは 92 となりました。

「ミダスキャピタルキャリアプログラム」ビジネスコンテストは、起業家と実業家・ビジネスプロフェッショナル双方が参画しているミダスキャピタルならではの学生向けビジネスコンテストとして、は 2021 年秋頃に開催予定です。
起業やプロフェッショナルファームに興味のある学生は、ぜひ挑戦してみてください。

ミダスキャピタルキャリアプログラム